パワハラ無料相談窓口&愛仁会パワハラ裁判 島本有紀子さん(仮名)を支える会

パワハラ無料相談窓口&パワハラ被害者など当事者、応援者との交流場所です

♯5 小山田圭吾氏の鬼畜ぶりに見る人の見方の変化

小山田圭吾氏がオリンピックの楽曲担当を辞職した。

 

ほんの少し前まで、本人も組織委員会も「謝罪し、反省しつつ続投」という方向を出していた。

 

「何十年も前のことをいつまで言うのか」「小山田氏も当時の被害者に謝りたいと言っている」

「許すのも重要」「もう直前じゃないか」「みんなで叩くのもどうなのか」という意見に、

私も「そおねえ・・・」と納得しつつあった。というか、あのままなら完全に納得していた。

 

ところが、急転直下、小山田圭吾氏は辞任、楽曲も使用されないことになった。

 

そうなると不思議なもので、壮大な崖から別の世界に降り立ったように、

私の気持ちも「そりゃそうだよな」「内容がひどすぎる」「『しかも加害者が自慢げ』って・・・

たしかにそれはない」とスタンダード(基準・ものさし・当たりまえ)があっけなく変化した。

 

「糞を食わせる」「縛りつけた上に人前で自慰行為させる」という報道内容に

ついては何も変わっていないのに、非難轟々で『辞任』という結果になった途端、

まるで最初から辞任が妥当だと思っていたかのように、自分の見方もコロッと

変わってしまうのはホント不思議なものである。

 

森喜朗氏の「女性は誰か発言すると、自分も言わなければと思うのだろう」

「別の組織の女性は(何も言わず)わきまえておられる」という発言

⇒でも森さんしかいない、もうおじいちゃんなんだから⇒辞任、

のときも、まったく同じ心の動きだった。

 

これは、「同調圧力」の一種なのか?

 

「人は多数派と同じであると正解と思う」生き物なのか。

 

小山田圭吾氏の行為に比べれば、私が受けた「チーム医療の中で、

上司から自分だけが徹底的な無視にあって、仕事が進まない」

「耳に病気があるのにインカムの仕事を何が何でもやらせようとする」

ことなど、高橋洋一氏のマネをすれば、屁のようなものなのだろう。

 

しかし種類は同じだ。

 

「自分がぜったいにされたくないことを、他人には力関係を使って

行うことができる」「それを何とも思わない」

 

それを看護師が行う。

 

誰かが声を上げ、何か状況が変わらなければ、多くの人の

異常なスタンダード(当たりまえ)も変わらないのだろう。

そしてそれが「空気」の正体なのか。

 

新しい「空気」を作る必要がある。

 

「この程度で」「あなたにも問題がある」と言われ続けたとしても。

 

愛仁会 パワハラ裁判 島本有紀子さん(仮名)を支える会事務局

(ケアワーカーズユニオン(大阪)内)

☏070-7567-1531

(こちらからかけ直すときは非通知になります。

非通知が受け取れない方はショートメールください)

care_rentai@yahoo.co.jp

 

♯4 伝家の宝刀「裁判すれば?」

私は2021年7月7日、年に一度の七夕というロマンチックな日に、

大阪地方裁判所社会医療法人愛仁会(あいじんかい)を相手取って提訴した。

 

どっちに対してかわからないが、「ざまあみろ」と言わんばかりの大雨だった。

 

『裁判』というと、訴訟を起こした側が相手にキレて、「裁判してやる!」

となったと思われるが、ノンノンノン、実際はまったく違う。

 

2019年10月から始まった労働組合を通じての話し合いの中で、

「事実関係を整理したいなら裁判しかない」と言い出したのは、

驚くなかれ、愛仁会側だった。

 

2019年2月~2019年10月初めまで、愛仁会のハラスメント相談窓口に

相談していた際の経緯については、ほとんどメールや文書でやりとりしており、

計5回の面談も、当然文書とはまったく違う内容なはずはなく、文書を受けての

面談であり、面談を受けての文書であるから、経緯をたどることはさして難しくない。

 

もちろん、労働組合としての団体交渉で「事実整理をすることはできない」

という法的根拠は何もない。

 

ではなぜ、愛仁会は団体交渉で決着をつけるよりも、ありていに言えば、

『裁判するなら、してくれば?』という方針にしたのだろうか?

 

権力ってすごいよね。

 

もちろん予測だが、『裁判』という未知のものに対する恐怖、長い長いと

言われている時間、お金、労力、精神的消耗・・・それを思うだけでも、

『裁判』をチラつかせれば、じゅうぶんな恐怖を与えることができる。

 

しかも「パワハラ裁判の慰謝料相場」記事でも書いたようにこのテの裁判は、

たとえ訴えた側が勝ったとしても、慰謝料100万までいくことはほとんどない。

裁判はこれまでの判例として、原告側にとおっっっても抑制的な判決

(要するに、やっすい慰謝料)が下されていて、訴えた側にじゅうぶんな

メリットの見込みなんてない。

 

愛仁会は株式会社でもないので、ネガティブに名が知れたとしても

株価を気にすることもない。

 

患者は利便性のある病院に行くしかないし、「よくあるパワハラ」は

とくに『すぐ忘れる』

 

何の話だっけ?

 

あ、そうそう

 

で、企業側に付く弁護士というのは、ピンキリだが、裁判すれば

一審終わりだけでも報酬1,000万円というのはザラにあるそうだ。

 

い、いっせんまん!!!

 

愛仁会がどれだけ払うのかはわからない。

 

だけどいくらかかるにしろ、セカンドハラスメントをした当人が

ポケットマネーで払うということはおそらくないのだろう。

 

ということは、みんなで働いて得た貴重な利益が使われる?

 

そこに権力を使って精神的暴力を振るうことのリスクは存在しない。

また、身銭を切る痛みもなければ、これまた「すぐ忘れちゃう♪」。

 

愛仁会にしても、もし団体交渉で私に個人的賠償などしてしまったが最後、

「私も、私も」と後続が後を絶たなくなるかもしれない。

 

『裁判』と聞けばみんなビビる。これで断ち切れる。

 

裁判に勝っても負けても、弁護士と愛仁会の利害は一致するのかもしれない。

 

パワハラのストレスで耳に病気を発症して、愛仁会のパワハラ相談窓口で

「誠実に対応してほしい、良いことがあったときは症状も消えるときがあるから」

と追いすがる私を、「パワハラ上司への対策は理事長講話(定例の全員集会)」

と足蹴にして、治らなくさせた。

現在は障害を負わせた当事者が「復帰したいなら、インカム装着は必須」

と堂々と言える。

 

権力ってすごいよね。

 

これこそ愛仁会の真骨頂。

 

「裁判してこい」と脅して、声を上げることを諦めさせるやり方は、

他の組織もやっているようです。

 

皆さま、お気をつけください。

積極的に情報をお集めください。提供いたします。

 

愛仁会 パワハラ裁判 島本有紀子さん(仮名)を支える会事務局

(ケアワーカーズユニオン(大阪)内)

☏070-7567-1531

(こちらからかけ直すときは非通知になります。

非通知が受け取れない方はショートメールください)

care_rentai@yahoo.co.jp

♯3 パワハラ裁判の慰謝料相場

私も裁判を起こすまで知らなかったのだが、毎日のように「パワハラ」問題が

ニュースになり、2020年6月には大企業向けにパワハラ防止法が

施行されてでさえ、パワハラ事案の裁判結果というのは庶民感覚からし

とても軽い。(性被害も誹謗中傷も同じですね)

 

パワハラ裁判で慰謝料が100万円を超えることはめったにないそうだ。

そもそもパワハラと認められる可能性すら低い。

 

東京都福生(ふっさ)市、公立福生病院のパワハラ事案では、

新聞によると地方裁判所(一審)判決で200万円を超えたそうだが、

これはとても異例なことなのだそうだ。

内容はと見れば、今でもYouTubeにニュース映像とともに

音声が残っているが、罵声がひどく、土下座などもさせられたという。

そして、なんとパワハラ加害者自身がハラスメント相談窓口担当者だったそうだ。

 

福生病院では、パワハラしていた加害者そのものが

ハラスメントの相談窓口担当者。

愛仁会のハラスメント窓口責任者は、理由も言わずパワハラ上司と

同席で面談をするように言い、おまけにパワハラ認定していたことを

相談者に隠して、相談者に非があるかのように言う。

 

これを『当たりまえ』にしているのは何だろう?

 

『沈黙』なのではないのだろうか?

 

話、戻りますね。

 

裁判では「弁護士費用」も請求することができる。もちろん、かかった、

なけなしの弁護士費用が返ってくるのだと思いますよね?

 

ところがどっこい、例えば慰謝料が決まると(逸失利益とは別ね)、

弁護士費用は自動的に決まった慰謝料の10%という何の法的根拠もない

暗黙の了解によって決まる。実際にいくらかかったかなんぞ、

まったく関係ございません。

 

つまり、慰謝料が30万円認められれば弁護士費用は3万円となるので、

しめて33万円、5万円認められれば、弁護士費用は5千円になるから

5万5千円が支払われる。

 

そんなバカなことあるかいな。

 

残念ながらあるんだなー、これが。

 

それでも、認められるだけ良いほう??

 

「裁判なんて、やってられるか!!」

 

こうやって、底なしの泣き寝入り国家が出来上がる。

 

めでたし、めでたし。

 

皆さま、どう思われますか?

 

「要領よく生きていくしかないんだ」「そんなのありえない」

 

いろんな意見や考えがあると思います。

 

私としては、権力もなく、村上春樹の言う『一個の卵』でしかないわけだけれど、

「何もできないということはない」と思っています。

 

何より「助けてくれる人がいる」、もちろん私だからということはないので、

同じように苦しんでいる人に、自分を責めないでほしい、死なないでほしい、

知ることさえできれば、道はある、ということを知ってほしいと願って書いています。

 

疑問、ご質問、ご意見あれば連絡ください。

 

愛仁会 パワハラ裁判 島本有紀子さん(仮名)を支える会事務局

(ケアワーカーズユニオン(大阪)内)

☏070-7567-1531

(こちらからかけ直すときは非通知になります。

非通知が受け取れない方はショートメールください)

care_rentai@yahoo.co.jp

♯2 伝家の宝刀「労災認定」

みなさんは、精神障害の労災認定基準』というものをご存知でしょうか?

 

①治療を要する暴力

 

②過労死ラインを超える長時間労働

 

③みんなの前で「バカ」や「死ね」などの仕事に関係ない

 人格否定が毎日のように行われる

 

主にこの3つのいずれかに該当しなければ、そして証拠がなければ、

「労災(職場起因)」とは認められないのが現状です。

 

そのために、認定率は自殺以外になると、おそらく数パーセントになります。

厚生労働省ホームページを深く入っていくと、統計があります。

 数字が出ているのは自殺を含めたものなので、項目を見て計算してみてください)

 

これは個人的な見解ですが、労災労働災害保険)『財源』ということを考えれば、

精神障害の労災認定が、おそろしく厳しくなるのは必然だと思います。

 

そしてこれが重要なのですが、このことについて『ほとんど誰にも

知られていない』ということです。

 

マスコミでも、「労災認定された」ことだけが取り上げられ、そうでなければ

事実が曖昧だったかのように、大したことがなかったかのように受け止められます。

 

しかし、会社側に対する労災調査も「強制力」はありません。

申請をした人が伝えた、すべての職場の関係者に聞き取りが

行われるわけでもありません。

たとえばパワハラ上司と会社側が口裏を合わせて「事実と認めない」

と証言したとしても、証拠がなければ、それまでです。

 

そしてその証言がどのようなものだったのか、申請した人に、

特別な場合を除いて、明かされることもありません。

 

森友学園の文書のように、真っ黒ののり弁(マスキング)状態の

資料になります。

 

私が聞いたマスコミの人でさえ、精神障害の労災認定の現実を知らなかった。

 

私ももちろん知らなかった。

 

2019年9月10日、愛仁会のハラスメント相談窓口責任者から

「法人がすべて事実と認めるから、たぶん労災認定される」

「労災申請するのは、法人としての手続きによるもので、認定されなくても

直近の給料3ヶ月ぶんの平均を支払う」

「職場で怪我したのと同じことやから」

ということを言われました。

 

しかし今は、「パワハラは1回の無視だけだった」

「1回の無視で懲戒処分(けん責)にした」

「労災が不認定なのだから、職場起因とは認められない」

と覆しています。

 

変遷の理由を聞いても、答えることはありません。

 

そして、裁判でも、「労災不認定」が影響を及ぼすようです。

 

最初から、精神障害の労災に関して、すべてを

熟知しているのは企業側に付く弁護士ではないかと思うのです。

そしてマスコミを含めた、大衆の無知を利用しているのではないかと思います。

 

労災の調査官も、労災申請させて、不認定を盾に取る

ということを、「よくありますね」と発言しています。

 

皆さま、お気をつけください。

 

精神疾患患者に、時と場合によっては、容赦なく精神的暴力を

振るう病院責任者が実在するのです。

 

「それは、あなただからであって、私には誠実に対応されるのではないか」

と思われるでしょうか?

 

『一時が万事』という言葉があります。

 

果たして、私だけが愛仁会の方針や規則に逸脱した対応がなされ、

他はすべて、どんな場合も規則どおりに、心のこもった対応が

なされるでしょうか?

 

私のようになる前に、できることはあります。

 

すべてに対応できるかわかりませんが、連絡くだされば

お答えいたします。

 

070-7567-1531

(こちらからかけ直す時は非通知になります。

非通知が受け取れない方はショートメールください)

care_rentai@yahoo.co.jp

愛仁会パワハラ裁判 島本有紀子さん(仮名)を

支える会事務局

♯1 愛仁会 パワハラ裁判 看護師 島本有紀子さん(仮名)を支える会

愛仁会 パワハラ裁判 島本有紀子さん(仮名)を支える会事務局

(ケアワーカーズユニオン(大阪)内)

☏070-7567-1531

(こちらからかけ直すときは非通知になります。

非通知が受け取れない方はショートメールください)

care_rentai@yahoo.co.jp

 

《同じような当事者の方、応援してくれる方、連絡をください!》

 

【原告が職場で受けたパワハラ

・2018年、同じ職場の上司(女性看護師)から100%の挨拶無視、

 仕事の話も原告だけには反応なく、途中でその場を離れる、

 電話にも出ない、などが徹底して行われ、仕事が成り立たなくなる

・担っていたリーダーを本人のみに黙って外す

耳の病気があると承知の上で、イヤホンの必要な仕事の命令、

 事情を説明しても拒否されるなど

 原告が休職するまで8ヶ月間、徹底して行われた。

 

【愛仁会(病院)の対応】

・数多くの総合病院、施設を運営しており、「ハラスメントを許さない」

 などの理念を誇っているが、ハラスメント相談窓口に行くと、

 休職から2ヶ月経ってもパワハラ上司に事実確認もされない。

パワハラ認定したことを原告に隠蔽する

パワハラ認定文書すら虚偽記載する

・2019年9月、「原告が報告したことはすべて事実と認める

「法人がすべて認めるのでたぶん労災認定される」と言って、労災申請を促す。

ところが、精神障害の労災認定は暴力などごく限られており、不認定になると

「職場は関係ない」「パワハラは一回の無視だけ」と変遷する。

 

    <原告より>

      皆さま、お気をつけください。

      これは氷山の一角でしかありません。

      私に起こっていることという意味でも、

      私以外に起こっていることという意味でも。

 

      裁判中ですので、書けないことも多いですが、

      いったい誰が、人の弱みにつけこんで、トクしているのか、

      苦しむ人をほんとうに助けてくれる人は、

     いったい誰なのか、

      見かけに騙されないために、情報提供していければと思っています。

 

コメントは対応しきれないので閉じています。

同じような思いの方、ぜひ連絡ください~♪

 

なお、こちらのブログに書かれていることは、すべて

個人的な経験であり、個人的見解による私見になります。

ご了承ください。

 

☏070-7567-1531

(こちらからかけ直すときは非通知になります。

非通知が受け取れない方はショートメールください)

care_rentai@yahoo.co.jp