パワハラ無料相談窓口&愛仁会パワハラ裁判 島本有紀子さん(仮名)を支える会

パワハラ無料相談窓口&パワハラ被害者など当事者、応援者との交流場所です

♯9 サービス残業は巨大な収入源

東京都墨田区 墨東病院で薬剤師が起こした裁判で、

「自己研鑽」の名のもとにサービス残業を横行させていた

というニュースがあった。(最近裁判は終わったらしい)

 

いやあ、どこもいっしょだなあと思う。

 

「みんなおんなじ」だから、受け入れなくちゃならないんだろうか?

 

私が見てきた多くの上司は、サービス残業を厭わず、

お手本を示すかのように休日出勤をし、威圧的に、

あるいは背中で引っ張る形で他の職員にもタダ働きを強いていた。

 

役職になる人は、能力があったりするのだが、

能力+選ばれし人というイメージ+滅私奉公する姿勢がセットで

メンター(手本、優れた指導者)となっていることが多い。

 

そういう人を組織は重宝するのかもしれない。

 

なぜなら、タダ働きほどコスパのいいものはないからだ。

 

残業時間がとくべつ多いわけではない私個人だけでも、

入職から10年で、ざっと数百万円は下らない。

 

遅くまで働く方、持ち帰り残業をしている方は、

いったいいくらになるのだろう?

 

それがすべて法人の収益として換算される。

 

私たちは「必要とされるために」搾取を受け入れなきゃ

ならないんだろうか?

 

西村博之さんの言う、「肉屋を応援する豚」にならなきゃ

いけないんだろうか?

 

起業したばっかりとかで、どこまで厳密な残業代の

支払いを求めるかというのは議論が必要かと思うが、

大組織のサービス残業は繁栄のために供物として捧げられる

だけじゃなく、途方もないムダ仕事の温床になっている。

 

私たちは貴重な人生の時間を失い、財産を失い、大切な人との経験を失う。

 

それを望む人は良いけれど、そうじゃない人はどうすればいいのだろう?

 

ここでも「嫌なら辞めるしかない」という呪いの言葉で、

お互いを強制しあうしかないんだろうか?

 

小さな声を上げていく必要があると思う。

それは表立ってなくてもいい。

 

いっしょに考えてみませんか?

 

 

愛仁会 パワハラ裁判 島本有紀子さん(仮名)を支える会事務局

(ケアワーカーズユニオン(大阪)内)

☏070-7567-1531

(こちらからかけ直すときは非通知になります。

非通知が受け取れない方はショートメールください)

care_rentai@yahoo.co.jp